女性の薄毛の対策方法を知る ~ 髪あるライフスタイル ~

女性

育毛剤を知る

悩み

女性も男性と同じように薄毛の症状が出てしまいますが、男性とは異なりホルモン的な影響で薄毛になることは少なくなります。しかしながら育毛剤などを用いることで頭皮の環境を良くすることが出来るようになり、薄毛も改善できます。

妊娠前後の変化

女性

女性が薄毛になってしまう原因として出産が上げられます。出産という行為は生命活動の中で最も負荷のかかる行為とされていて、妊娠前後では体内構造も顕著に変わることもありますし、また体感的に違うという違和感を感じてしまう方も多くいます。その中でも見た目的にわかるのが薄毛で、出産後に髪の量が不足してしまったという方は多くいます。出産後に髪の量が減ってしまう原因はホルモンバランスにあります。出産前後はホルモンバランスが大きく変化する時期でもあり、出産後はホルモンバランスを戻そうと体が大きく反応してしまいます。順調にバランスが整えばいいですが、人によってタイミングというのが異なり数ヶ月経ってもバランスがイマイチという方もいます。こういう方は薄毛になりやすいとされていて、まずはホルモンバランスの崩れを検査などでチェックしてもらうと良いでしょう。ホルモンバランスが整い始めると髪の成長を促すエストロゲンの活動が活発になります。遅れがちなヘアサイクルも元に戻そうと急に髪の毛が抜けてしまうという事も多いですが、これに関しては特別問題はありません。ホルモンバランスさえ元に戻れば自然に髪は生え変わっていきます。
出産後はホルモンバランスが慢性的に崩れやすい時期でもありますが、精神的に崩れやすくなってしまうという状況もあります。というのも出産後は直ぐ様育児をはじめなければなりません。当然ながら育児が初めてという方にとっては右も左も分からない状況でしょう。精神的に休まる時間を上手く取れない事も多く、こういう時にちょっとした鬱的になることもあるでしょう。ストレスが悪影響させてホルモンバランスを崩し薄毛を進めてしまうという事も多いです。またストレスによって自律神経のバランスが崩れてしまい髪の成長や頭皮の血流が悪くなってしまうという事もあります。精神的な負担は百害あって一利なしなため、出産後の薄毛に悩んでいるという時はしっかりと休息をとるという事も必要になってくるでしょう。そのためには周囲の協力も必要です。

急増している

女性

女性の薄毛は近年急増しているという状況があります。その理由として薄毛になる原因が多くなってきているという状況があります。しっかりと対策を行うことが重要になり、まずは根本的に原因を潰すことが必要です。

ギャップとの差が原因

女性

女性の薄毛の原因にエストロゲンの不足があります。更年期になるとどうしてもエストロゲンが不足してしまうため、神の成長を促すことができなくなり相対的に髪が少なくなってしまうことになります。エストロゲンの補充で改善できます。